自販機オーナーって何?

今ひそかに注目されている自販機オーナー

フルオペレーターのメリット・デメリット

皆さんは自販機オーナーを知っていますか?
どんなものかというと、自販機を使ってお金を儲けるという、名前そのままの意味なのです。
たまに普通の住宅の土地に自動販売機を設置してあるのを、見たことがある方、結構いらっしゃると思います。
自販機オーナーは不労所得なので個人的に副業として自販機オーナーをしている人が多いのです。
簡単に言うと、設置さえすれば、後は勝手に自販機が働いてくれるという事です。

自販機オーナーには種類があり、自分の状況によって、仕事のスタイルを変えられるので、無理なくお金を稼げるという事です。

自販機オーナーは大きく分けて二つのタイプがあります。
自販機を管理することで収益を得るもの、自販機を置く場所を提供して収益を得るものです。
自販機を管理する人の中でも、ほとんどの仕事を契約した会社がする、「フルオペレータータイプ」とある程度の仕事は、しないといけない「セミオペレーション」の二つになります。
ではまず初心者の方でも気軽に始められるように、一般的な仕事の種類や流れを紹介します。

自動販売機設置代行会社に登録をします。
その後は簡単な面接です。
電話での面接もあれば、直接面接を必要とする会社もあります。
話が進めば、詳しい説明をしてくれて、名刺を作る様に言われます。
大体名刺代金は4300円程度でできます。
そして、場所を決めます。
場所がない場合は自分でここに自販機があれば良いなと思うところに問い合わせをして、土地の所有者に許可をとって、会社に問い合わせをして、認められれば、あとはほとんど何もする必要がありません。

とても簡単なのでもっと詳しく知っておけば得をするかもしれません。